表現文化論コース 学生の声2010

学ぶ自由度が高く,表現行為を学問的に分析します

宇野 雅晴 さん(表現文化論コース4年生)

 表現文化論コースでは人間の表現行為を歴史,文化を通して学問として捉えます。授業は主に講義形式ですが,答えの出しにくいテーマに取り組み発表したり,授業中に美術館に赴き,作品を鑑賞して理解を深めたりもします。このような事を通して考える力を身につけます。
 私は社会情報学ゼミに所属しています。このゼミではテーマを決めてディベートをしたり,卒業論文関係や興味を持っている本などを読み,発表しています。他人の考えを聞くことによって新しい発見があるため,とても刺激的です。
 また,私は神戸大学の交換留学制度を利用してフランスのニース大学へ一年間留学していました。ニース大学でも映画史や美術史,ショートフィルムを現地学生と作ったりと,日本の大学と関係した勉強をすることができました。留学先で取った単位は互換制度があるので神戸大学の単位にすることができます。興味の対象に多視点からアプローチできるのがこのコースの魅力です。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』 より