教員情報(田畑 智博)

氏名・職名 田畑 智博(たばた ともひろ,Tomohiro Tabata)准教授
メールアドレス tabata [at] people [dot] kobe-u [dot] ac [dot] jp
取得大学 博士(工学)(名古屋大学)
研究分野 環境システム工学
[学部] 担当 国際人間科学部 » 環境共生学科 » 生活共生科学プログラム
[大学院] 担当 人間発達環境学研究科 » 人間環境学専攻 » 環境形成科学系, 生活環境論
研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト http://www2.kobe-u.ac.jp/~ttabata/
研究紹介

環境・経済的に持続可能な地域社会づくりをめざす

持続可能な社会の構築を目指すうえで重要なことの一つは、環境負荷の削減とエネルギー・資源の使用量の抑制を実現することです。そのため、地域の経済・社会活動を一つのシステムとして捉え、家庭、産業等の各主体で発生する環境負荷の最小化を目指した、持続可能な経済・社会システムを構築していくための方法論や実行計画が重要となっています。

しかし、環境問題を考えるうえで難しいことは、環境問題には、ある問題を解決しようとすると別の問題が顕在化するというトレードオフが存在していることです。例えば、代替フロンは、特定フロンよりもオゾン層破壊を抑制できますが、地球温暖化には悪影響を及ぼします。また、経済活動を犠牲にしてまで環境負荷を最小化する施策は、現実的ではありません。社会・経済の仕組みと環境問題が発生するメカニズムを包括的な視野で捉えておかなければ、環境問題の本質はみえてきません。

そこで、経済・社会の活動とそれに伴い発生する直接的・間接的な環境負荷との関係性を包括的・構造的に捉え、社会全体での環境負荷を最小化する方法を提案するのが、ライフサイクルアセスメント (LCA) に代表される、ライフサイクル思考と呼ばれる考え方です。私の研究室では、このライフサイクル思考をベースとして、環境問題の本質を探っていくとともに、環境・経済・社会のトレードオフを解決しうる持続可能な社会システムの構築方法を提案することを目指しています。

以下に挙げた研究は重点課題としているものですが、学生諸君が取り組みたい研究があれば、議論のうえで積極的に採用していきます。

埋立量とCO2とのトレードオフを最小化しうる廃棄物処理システムの提案に関する研究

環境・社会・経済の側面から持続可能なバイオマスエネルギー利活用システムの構築に関する研究

低炭素型ライフスタイルへの転換を目指すための環境家計簿ソフトウェアの開発に関する研究

教員写真