数理情報環境論コース 学生の声2010

学びたいことに背を向けず,積極的にチャレンジ

松葉 有香 さん(数理情報環境論コース4年生)

 情報系と数学系のどちらに進むかと,進路で悩んでいた私にとって,数理情報環境論コースはとても魅力的なところでした。代数学や統計学を学びながらプログラミングにも取り組むという,いわば理学部数学科と工学部情報知能学科を混ぜたような所だと,私は感じています。
 このように様々な分野を学べるため,卒業研究で取り組む内容を一つ決めるときには迷いも生じました。実際私は,精度保証付き数値計算について半年間学びましたが,今ではモバイル機器の開発環境について学んでいます。課題一つにしても,妥協せず,「チャレンジしたい!」という思いがあれば,自分の世界は無限に広げることができるのです。ここはそれができる場所です。
 また,勉強以外にも,将来や私生活の悩みに対しても一緒になって考えてくれる先生をはじめ,先輩も後輩も,みんな仲が良いことも魅力の一つです。知識のつながり,人とのつながり,数理情報環境論コースは私たちの世界を広げてくれます。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』 より