研究道場特別講義 報告

「カリキュラム・デザインの理論と実践:新学習指導要領の「総合的な学習の時間」を事例として」報告

講師
河野麻沙美(上越教育大学准教授)
日時
2018年5月8日(火)13:20~14:50
会場
鶴甲第2キャンパス B202(B棟2階)
報告
本講義では,教育方法学・授業研究をご専門にされている河野麻沙美先生にお越し頂き,「カリキュラム・デザインの理論と実践:新学習指導要領の「総合的な学習の時間」を事例として」というタイトルでお話を伺った。講義では,学習指導要領上における総合的な学習の時間の位置づけに関して説明を行い,その後,総合的な学習の時間の指導計画及び年間指導計画の立て方に関してお話を頂いた。これらのお話は,単なる理論として講義するのではなく,実際の教育現場における総合的な学習の時間の事例や,受講生が経験してきた総合的な学習の時間の活動内容の事例を踏まえつつ行って頂いた。
 総合的な学習の時間の最も大きな特徴は他の教科と異なり,目標の具体化や学習内容の設定が各学校に委ねられており,教科書などが存在しないことである。従って,総合的な学習では,教科横断的な学びを行うことができるという特徴も挙げられる。この特徴を踏まえ,総合的な学習の時間では,その探求の過程において児童・生徒が自ら探求課題の設定を行うことができるようなカリキュラム・デザインが多い。しかしながら,実際には修学旅行や校外学習などの事前指導や,進度が遅れている科目や入試問題を解くなどの自習に総合的な学習の時間を割り当てられることが多いという現状がある。
 このように,本講義では,総合的な学習の時間のカリキュラム・デザインに関して,その実態を知ることができた。報告者は授業デザインの研究を行っており,その内容として総合的な学習の時間に近い扱いになり得るものであるため,本講義は今後研究を進める上で非常に参考になる有意義なものであった。(人間発達専攻 M2 若林和也)

研究道場特別講義の一覧へ戻る