研究道場特別講義 報告

「カリキュラム・デザインの理論と実践:新学習指導要領の「総合的な学習の時間」を事例として」報告

講師
河野麻沙美(上越教育大学准教授)
日時
2018年5月8日(火)13:20~14:50
会場
鶴甲第2キャンパス B202(B棟2階)
報告
本講義では,教育方法学・授業研究をご専門にされている河野麻沙美先生にお越し頂き,「カリキュラム・デザインの理論と実践:新学習指導要領の「総合的な学習の時間」を事例として」というタイトルでお話を伺った。講義では,学習指導要領上における総合的な学習の時間の位置づけに関して説明を行い,その後,総合的な学習の時間の指導計画及び年間指導計画の立て方に関してお話を頂いた。これらのお話は,単なる理論として講義するのではなく,実際の教育現場における総合的な学習の時間の事例や,受講生が経験してきた総合的な学習の時間の活動内容の事例を踏まえつつ行って頂いた。
 総合的な学習の時間の最も大きな特徴は他の教科と異なり,目標の具体化や学習内容の設定が各学校に委ねられており,教科書などが存在しないことである。従って,総合的な学習では,教科横断的な学びを行うことができるという特徴も挙げられる。この特徴を踏まえ,総合的な学習の時間では,その探求の過程において児童・生徒が自ら探求課題の設定を行うことができるようなカリキュラム・デザインが多い。しかしながら,実際には修学旅行や校外学習などの事前指導や,進度が遅れている科目や入試問題を解くなどの自習に総合的な学習の時間を割り当てられることが多いという現状がある。
 このように,本講義では,総合的な学習の時間のカリキュラム・デザインに関して,その実態を知ることができた。報告者は授業デザインの研究を行っており,その内容として総合的な学習の時間に近い扱いになり得るものであるため,本講義は今後研究を進める上で非常に参考になる有意義なものであった。(人間発達専攻 M2 若林和也)

研究道場特別講義の一覧へ戻る

「糸賀一雄の最後の講義ー愛と共感の教育ー」を考えるー時代・世代・国をこえてー 報告

講師
中野 リン (香港中文大学日本研究学科)
増野 隼人 (社会福祉法人びわこ学園)
黒川 真友 (全国障害者問題研究会)
日時
2018年9月17日 (月) 13:00~16:30
会場
ピアザ淡海 207室
報告
本講義では,3名の先生からお話を伺った。中野リン先生による『糸賀 一雄の最後の講義』の英訳を通して考える,増野隼人先生による,医療的ケア児であるAくんの相談支援を通じて考える,黒川真友先生による『愛と共感の教育』を成人期の若手実践者はどう読んだのかについて丁寧に講義していただいた。特に興味深かったのは,成人期施設職員との学習会において若手実践者が「愛と共感の教育」をどう読んだのかについてであった。参加者の中での次のような言葉が印象的であった。・現場の前提がこの時代とは違うんじゃないかと思ってしまう。そうしたなかで糸賀が言うことをやらないと,と思うとハードルが高い。言っていることは大事だとは思うが,伝えていくことはむずかしいし,自分自身がこの言葉を噛み砕けていない。・異質なものとして理解できないままだと危険。共感できることを信じることができることは大切。そうじゃないと実践は始まらない。これら若手実践者の考えを知ると,糸賀が共感の世界を訴えていることの意味が伝わってくる。「心身障害とか,精神薄弱とかいわれる人々とわたしたちが,実は根が一つなんだ,本当に発達観から見て根っ子が一つだという共感の世界を,理屈の上でもせめて共感の世界というものの根拠があることを,わたしたちは知りたいと思います。」糸賀一雄の「愛と共感の教育」は,「成人の障害者施設で働くことで,自分も一緒に成長でると思った。」と,若手実践者を導いていっているということを学んだ。 (人間発達専攻 名村洋子)

研究道場特別講義の一覧へ戻る

生の合一としての平和 -フリードリヒ・フレーベルの「人間の教育」における隠れたカリキュラムとしての平和教育- 報告

講師
カール・ノイマン(ブラウンシュヴァイク工科大学名誉教授,国際フレーベル学会名誉会長)
日時
2018年9月12日(水)10:00~11:30
会場
鶴甲第2キャンパス A427(A棟4階)
報告
今日,世界情勢は混迷の度を深め,宗教や文化の違いによる対立や移民の問題,そしてそれを解決するための争いや暴力が絶えず繰り返されている。本講演では,このような今日の「平和なき世界」において,いかにして平和を実現し得るのかという問題について考えるにあたり,幼稚園の創始者として知られるフレードリヒ・フレーベルの教育哲学に解決の糸口を求めた。
ノイマン教授は,フレーベルが長年追求してきた「生の合一」という理想とその実践の中からは,平和の実現のための様々な提案を見出すことができる,と彼の思想を評価する。フレーベルは,「政治的なもの」に支配された社会において「人間性の危機」を意識し,人や世界との繋がりを感じ取る場,すなわち平和な世界の秩序を経験する場としての「遊び」の重要性を主張したのである。
一般にフレーベルと聞くとすぐに幼児教育を思い浮かべ,平和教育と関連付けて考えることはあまりないように思われる。そんな中で本講演は,フレーベルの思想を「平和」というテーマから読み解くことによって,平和を実現する上での教育の重要性を再確認するとともに,「平和教育」というものが,単に「平和」について学ぶだけのものではなく,平和を生み出し,維持する能力の獲得を,教育全体を通して目指すものでなくてはならないということに気付かされる、非常に貴重な機会となった。  (人間発達専攻 M1 大和あさひ)

研究道場特別講義の一覧へ戻る