自然環境論コース(自然環境論教育研究分野) 大学院生の声2010

「今だから出来ること,今しか出来ないこと」に全力投球

小杉 由美加 さん(前期課程2年生)

 大学・大学院は,「学びたい!もっと色んな世界を見たい!」という気持ち次第で,たくさんのことを学べる場所だと思います。この研究科には様々な分野の研究者が集まっており,分野を超え,たくさんの先生や友達からアドバイスをもらって日々研究しています。
 私は,分析化学の分野で,環境汚染物質である過塩素酸イオンの測定方法を開発しています。理論通りのデータが出ること,反対に予想外のデータから理論を考えることの面白さを感じています。研究は苦労が多い分,結果が出たときの喜びは大きく,まさしく「研究の醍醐味」を味わっている毎日です。学会では,他大学の研究者から意見を頂いたり,他の院生の発表を聞くことで,よい刺激を受けています。学内では,オープンキャンパスの実行委員や,学術国際交流プログラムの運営などにも参加しています。大学院生活の中で得た経験や能力,出会った先生や仲間との絆が今後の人生の糧になるよう,充実した毎日を送りたいと思います。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』 より