音楽文化のトランスボーダー Vol.5 青野原収容所俘虜の記憶を辿る【学術Weeks2019】


チラシ(4.15MB)

 表現系音楽学の大学院では,「音楽文化のトランスボーダーをめぐって」というテーマで,内外の音楽研究者,音楽家,俳優などとの対話を通して,音楽文化の多様な状況への理解を深めてきた。5回目の今回は,第1次世界大戦時に兵庫県青野原俘虜収容所にいた300人のオーストリア=ハンガリー帝国の捕虜たちの物語である。大戦の最中,捕虜たちは遠く日本の地で生き,制限された環境下ではあるものの人間的で,文化的な生活を送っていた。2019年末には彼らの本国帰還100年を記念して,故郷であるオーストリアの博物館で遺留品の展示会を行う。日本とオーストリアで捕虜たちが演奏した音楽の再現演奏会をして,当時の彼らの思いに心を寄せ,文化的記憶を語り,日墺の友好と未来を思う機会を設けたい。

日時
2019年10月31日(木)18:00~
入場無料
場所
鶴甲第2キャンパス C111(C棟1階)
講演
大津留厚(神戸大学名誉教授)
聴き手
大田美佐子(表現系講座・音楽学)
演奏
セレーノ弦楽四重奏団 / 有馬圭亮
演奏曲目
グリーグ《ソルヴェイグの歌》
F. シューベルト 《魔王》
E.W. コルンゴルト 《ピアノ五重奏曲》
演奏者の都合により,当日のプログラムが変更になる場合があります。予めご了承ください。
主催
神戸大学大学院人間発達環境学研究科 学術Weeks2019
問い合わせ
大田美佐子 misaohta [at] kobe-u [dot] ac [dot] jp(人間発達専攻 表現系講座)

関連情報