教員一覧(人間発達専攻 こころ系講座)

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
相澤 直樹 准教授
(あいざわ なおき)
aizawa [at] kobe-u.ac.jp
臨床心理学,臨床心理検査(投影法)

青年期における自己愛的傾向と対人恐怖的傾向に関する調査研究を行っています。ロールシャッハ検査法を中心とする心理検査法(投影法)について実践的に研究しています。

赤木 和重 准教授
(あかぎ かずしげ)
akagi [at] pearl.kobe-u.ac.jp
発達障害心理学

自閉症児における自己と社会性に注目して研究しています。特に教示行為の発達と障害について,実証的な研究を行っています。

伊藤 俊樹 准教授
(いとう としき)
0320ito [at] kobe-u.ac.jp
臨床心理学

芸術療法や心理療法におけるクライエントのイメージの変化,および,ロールシャッハテストを用いた芸術家の創造性について研究を行っています。

加藤 佳子 教授
(かとう よしこ)
ykatou [at] crystal.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
健康教育,健康心理学

心や体の健康に関する人の行動を探り,健康行動の獲得に関連する要因について解明し,HR-QOLとWell-beingの向上を目指しています。

河﨑 佳子 教授
(かわさき よしこ)
kawasaki [at] diamond.kobe-u.ac.jp
臨床心理学,発達臨床心理学

聴覚障害児の心理発達と家族支援について研究してきました。近年は,被虐待児童への心理的ケアについて乳児院・児童養護施設を舞台に取り組んでいます。

齊藤 誠一 准教授
(さいとう せいいち)
ssaito [at] kobe-u.ac.jp
発達心理学

思春期の身体発達・性的成熟が当の青年及び親・友人など周囲の人間に与える心理的影響に関して研究しています。

坂本 美紀 教授
(さかもと みき)
msakamo [at] pearl.kobe-u.ac.jp
教育心理学

児童の協調的な学びのプロセスとその支援に関心があり,科学的思考や科学的リテラシーを育成する授業の開発とその評価に取り組んでいます。

谷 冬彦 准教授
(たに ふゆひこ)
ftani [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
人格心理学

青年期におけるアイデンティティ(自我同一性)の研究を中心として,広くパーソナリティ(人格)や自己に関する実証的研究をしています。

鳥居 深雪 教授
(とりい みゆき)
kotori [at] people.kobe-u.ac.jp
発達障害臨床学

発達障害のある子どもたちの認知特性を理解し,効果的な介入方法を探ることが研究テーマです。心理,教育,医学,福祉等の学際的な研究を行っています。

中村 晴信 教授
(なかむら はるのぶ)
hal [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
公衆衛生学

生活習慣と疾病予防や健康増進との関係について,疫学調査と実験を組み合わせて,健康問題に関するメカニズムの解明について研究しています。

林 創 准教授
(はやし はじむ)
hajimu [at] port.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
発達心理学,教育心理学

主として幼児期から児童期を対象とした認知の発達的問題に焦点をあてています。 とくに「他者とかかわる心」に関心があり,社会性の認知発達に関して,実証的に研究を行っています。

古谷 真樹 准教授
(ふるたに まき)
m-furu [at] people.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
睡眠心理学,生理心理学,健康心理学

心身健康の維持・増進を図るために,睡眠とストレスとの関連について生理学的手法を用いた基礎的研究と教育現場や地域における実践的研究を行っています。

村山 留美子 准教授
(むらやま るみこ)
murayama [at] person.kobe-u.ac.jp
環境保健学,環境リスク学

環境症児-図るために 践 > NG2

d >fon c NG2

d >fon c

d >fon c

d >fon c

d >fon c の>fonsめ2眠e Tn > NG2 \ 圭吾 (とりい み> 践

ftani [at] kobe-u.ac.jppeople.kobe-u.ac.jp

主として幼児期から児童期を対象と,健康心理学

グ中高大成する授業た