教員一覧(人間発達専攻 からだ系講座)

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
秋元 忍 准教授
(あきもと しのぶ)
akimoto [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
体育・スポーツ史

19世紀末から20世紀初頭の英国を主たる研究対象として,近代社会におけるスポーツ文化の特質を,歴史学の方法により解明します。

岡田 修一 教授
(おかだ しゅういち)
shuokada [at] kobe-u.ac.jp
加齢の身体運動科学

高齢者の立位バランス能力の多角的な分析・評価,及びその知見に基づいた転倒予防法の開発と効果判定に関する研究を行っています。

片桐 恵子 准教授
(かたぎり けいこ)
katagiri_k [at] people.kobe-u.ac.jp
社会心理学,社会老年学

高齢者の社会参加活動,社会や他者との関わり,健康や健康行動などについて,社会心理学的な関心から高齢社会に関して広く国際的学際的な研究を行っています。

河辺 章子 教授
(かわべ しょうこ)
kawabe [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
運動生理学(身体運動制御)

随意運動の制御機構を探求し,ヒトの動作の巧みさを探るとともに,巧みな動作の獲得過程を解明し,スキル向上への貢献を目指しています。

木村 哲也 准教授
(きむら てつや)
tkimura [at] people.kobe-u.ac.jp
身体システム学,応用生理学,バイオメカニクス

立位平衡制御システム等,ヒト運動制御システム内の感覚入力・運動出力の統合メカニズム解明等の基礎的研究から,運動補助器具開発等の応用研究まで幅広く取り組んでいます。

近藤 徳彦 教授
(こんどう なりひこ)
kondo [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
応用生理学,運動生理学,環境生理学

運動,年齢,性差,日内変動,運動トレーニング,人種差などからヒトの体温調節機能のしくみを統合的な観点から研究し,この機能の魅力にせまります。

佐藤 幸治 准教授
(さとう こうじ)
sato712 [at] people.kobe-u.ac.jp
スポーツ医学,分子生物学,運動生化学

運動やサプリメントによる糖尿病、メタボリックシンドロームの新規予防・治療法の開発および1型糖尿病患者に対するエクササイズガイドラインの作成

髙田 義弘 准教授
(たかだ よしひろ)
baseball [at] kobe-u.ac.jp
運動生理学 (身体コンディショニング)

競技力向上・障害予防のためのトレーニングと運動による身体コンディションやパフォーマンスへの影響について研究しています。

髙見 和至 教授
(たかみ かずし)
ktakami [at] kobe-u.ac.jp
運動心理学

現在の研究テーマは,「運動習慣の心理的プロセス」です。人間行動の発現から定着,習慣化を生み出す心理的プロセスを運動行動から解明しています。

長ヶ原 誠 教授
(ちょうがはら まこと)
cmakoto [at] kobe-u.ac.jp
スポーツプロモーション,健康行動科学,ジェロントロジー

成人・中高齢者を対象とした健康増進やスポーツプロモーションに関する理論・実証的研究と共に,アクションリサーチを通じた事業評価研究を行っています。

原田 和弘 特命助教
(はらだ かずひろ)
harada [at] harbor.kobe-u.ac.jp
健康スポーツ論,老年行動学

身体活動・運動を通じた健康づくりの実現に貢献することを目指し,高齢者の身体活動・運動習慣の形成について,学際的な観点から研究しています。

前田 正登 教授
(まえだ まさと)
mmaeda [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
スポーツ技術論,スポーツバイオメカニクス,スポーツ工学

運動・スポーツにおける合理的な動作・技術の探究とその習得過程に関する研究,および選手の技術レベルに応じた用具の設計開発のためのスポーツ工学的研究を行います。

増本 康平 准教授
(ますもと こうへい)
masumoto [at] people.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
高齢者心理学,実験心理学,認知心理学

豊かな高齢社会を実現するための環境・技術の構築を目指し,加齢による認知機能・行動要因の変化について実験心理学的手法を用いた研究を実施しています。

山口 泰雄 教授
(やまぐち やすお)
* 2018年3月末で退職予定
yasuo [at] main.h.kobe-u.ac.jp
スポーツ社会学,生涯スポーツ論

スポーツの社会科学の理論と手法により,スポーツ参与,スポーツ政策,スポーツ・ツーリズム,国際比較研究などに取り組んでいます。