教員一覧(人間表現学科 人間表現論コース)

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
梅宮 弘光 教授
(うめみや ひろみつ)
umemiya [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
近代建築史

20世紀の建築について研究しています。とくに日本の大正期,昭和戦前期。実際に建てられたものだけでなく,計画倒れや夢想に終わったものも興味深いです。

大田 美佐子 准教授
(おおた みさこ)
misaohta [at] kobe-u.ac.jp
音楽文化史,音楽美学

両大戦間の音楽文化の諸相 (音楽・音楽劇における伝統の継承とその展開,受容の問題) について研究しています。

岡崎 香奈 准教授
(おかざき かな)
kanaokaz [at] people.kobe-u.ac.jp
音楽療法,即興演奏

医療,福祉,教育現場における音楽の臨床的活用について研究しています。特に「表現者としての人間」が即興演奏する行為と,そのプロセスで生起する要素を検証しています。

小髙 直樹 教授
(おだか なおき)
odaka [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
感性科学,図形科学

芸術家の技や個性,デザイナーの暗黙知といった,曖昧で多義的な感性の世界,いわば形容 (動) 詞の世界を科学的に取り扱うための方法を探究しています。

岸本 吉弘 准教授
(きしもと よしひろ)
yoshiki [at] kobe-u.ac.jp
絵画表現

現代における「絵画表現」を実践的 (実技) また理論的 (研究) な両側面より追求し,より本質的な人間表現としての「絵画」像を模索しています。

関 典子 准教授
(せき のりこ)
n-seki [at] pegasus.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
舞踊学,コンテンポラリーダンスの創作と研究

ダンスや身体表現の特質である「現在性」や「コミュニケーション」について,表現活動と研究活動をフィードバックしながら探究しています。

谷 正人 准教授
(たに まさと)
tanimasato [at] people.kobe-u.ac.jp
音楽民族学

主にイランを対象として、音楽家にとって「オリジナリティ」「即興」といった概念がどのようなものか、またそうした概念形成に影響を与える、音楽の学び方の多様性について研究をしています。

田畑 暁生 教授
(たばた あけお)
akehyon [at] kobe-u.ac.jp
社会情報学,映像論

現代は情報社会と呼ばれ,さまざまな情報メディアが社会で利用されていますが,その機能や影響について,特に映像メディアを中心に,研究しています。

田村 文生 准教授
(たむら ふみお)
bunsay [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
作曲,編曲,西洋芸術音楽を中心とした作品研究

音楽作品の様式・実態・機能の分析により,音楽の作られ方・聴かれ方を探る様々な演奏形態での音楽表現の多様性を,作品の創作によって提示しています。

塚脇 淳 教授
(つかわき じゅん)
* 2018年3月末で退職予定
juntamba [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
美術,彫刻

20世紀の美術,特にロダン以降の抽象彫刻について研究教育しています。私自身は彫刻家として鉄の彫刻を制作し,国内外に精力的に発表しています。

野中 哲士 准教授
(のなか てつし)
tetsushi [at] people.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
認知科学,生態心理学

人のふるまいが周囲の環境にどのような価値(アフォーダンス)を探りあてているのか,わざ,リハビリ,乳児発達,人工物のデザイン等を対象に観察しています。

坂東 肇 教授
(ばんどう はじめ)
bando [at] kobe-u.ac.jp
器楽(ピアノ,室内楽)

音の中に込められた想いはどのような形をとって表現となり人の心に達するのか。ピアノ演奏におけるコミュニケーションに内在する原理を探究しています。

平芳 裕子 准教授
(ひらよし ひろこ)
hirahiro [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
表象文化論,ファッション文化論

ファッションとそれをとりまく文化の歴史を明らかにすることによって,西洋近現代を中心とする「ファッションと女性」との関わりを考察しています。