教員一覧(人間形成学科 子ども発達論コース)

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
岡部 恭幸 教授
(おかべ やすゆき)
okabe [at] godzilla.kobe-u.ac.jp
数理認識論,数学教育

算数・数学の授業の中で子どもたちはどのように概念を形成していくのか,またどのように指導が効果的なのかについて研究しています。

北野 幸子 准教授
(きたの さちこ)
sachikita [at] panda.kobe-u.ac.jp
乳幼児教育学,保育学

子ども特に乳幼児 (0~8歳くらい) の遊び・生活・学びの内容や,乳幼児を教育する専門職の専門性について研究しています。

木下 孝司 教授
(きのした たかし)
kino [at] kobe-u.ac.jp
発達心理学

乳幼児や障害をもつ子どもたちが,発達の主体となり,相互にコミュニケーションを通して理解し合うプロセスについて研究しています。

國土 将平 教授
(こくど しょうへい)
kokudo [at] harbor.kobe-u.ac.jp
身体発育発達,保健体育科教育,健康・スポーツ測定

子どもの身体の発達や健康、体力・運動能力・運動動作の発達を理解し,それらに影響を与える教育・学習や生活環境、生活習慣との関係を探っています。

五味 克久 教授
(ごみ かつひさ)
* 2018年3月末で退職予定
gomi [at] kobe-u.ac.jp
幼年音楽,リトミック,合唱指揮

音楽でいかにあそぶかを考えています。一つは以前からの関心であるリトミックについてです。もう一つは,手づくり楽器で音の発見というテーマです。

勅使河原 君江 講師
(てしがわら きみえ)
teshi [at] kobe-u.ac.jp
美術教育

美術を通して子どもを理解し発達支援をする研究をしています。つまり,この研究は美術を通して子どもを知ることで,私たちは人間に共通する美について理解する事につながる研究なのです。

目黒 強 准教授
(めぐろ つよし)
meguro [at] kobe-u.ac.jp
児童文学,国語教育

近代日本において児童文学というジャンルがどのように成立したのかについて研究しています。