教員情報(TERAKADO Yasutaka)

氏名・職名 寺門 靖高(てらかど やすたか,TERAKADO Yasutaka)教授
メールアドレス terakado [at] kobe-u.ac.jp
取得学位 理学博士 (名古屋大学)
研究分野 環境地球化学
[学部] 所属 人間環境学科 自然環境論コース
研究テーマ

河川水,生物が作る鉱物,地殻を構成する岩石・鉱物などの様々な地球表層物質についての元素濃度や同位体組成を用いた地球環境の地球化学的研究を行っています。

[大学院] 所属 [博士課程前期課程] 人間環境学専攻 自然環境論コース
[博士課程後期課程] 人間環境学専攻 自然環境論分野
[(旧)博士課程前期課程] 人間環境学専攻 自然環境論コース
[(旧)博士課程後期課程] 人間環境学専攻 自然環境論分野
研究テーマ

河川水,生物が作る鉱物,地殻を構成する岩石・鉱物などの様々な地球表層物質についての元素濃度や同位体組成を用いた地球環境の地球化学的研究を行っています。

研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト
研究室紹介 サンゴから花こう岩まで同位体・微量元素で探る地球環境

私の研究室では,化学的データを基に地球環境を研究しています。扱う試料は様々で,面白そうなことは学生諸君の希望も取り入れて挑戦しています。例えば水に関係するものでは,雨水,河川水,地下水,海水,温泉水など様々です。水は地球上を循環しているので,これらは相互に関係がありますし,岩石や大気,さらに生物とも関係しています。岩石と水が反応することで風化が起きますが,このとき大気中の二酸化炭素が消費されることになり,地球温暖化で問題となっている二酸化炭素とも関係しています。また,海水に溶け込んだ二酸化炭素は,サンゴなどの骨格となり沈殿し,やがて石灰岩になります。水というものから,地球環境の多様な側面が見えてくるのです。このような地球物質の分析から何が起こっているのかを詳しく理解しようとするとき,必要なのは幅広い知識です。総合理学型の本コースカリキュラムで学んだ皆さんの活躍を大いに期待しています。

研究最前線 サンゴから花こう岩まで同位体・微量元素で探る地球表層の環境

地球化学的手法による様々な環境物質および地球表層の歴史の研究を行っています。これらには,野外での試料採取,それらの化学組成や同位体組成の分析,実験室内での鉱物合成,藻類などの培養による元素の挙動を調べる実験など,多様な要素が含まれています。研究の特徴は,自然環境に極少量しか存在していない超微量元素の濃度や同位体組成を質量分析計を用いて精密に測定することです。測定元素はいろいろですが,希土類元素という14個ある一連の元素を古くから研究しています。また,鉱物の年代を測定に用いるストロンチウム,ネオジム,オスミウムなどの同位体の測定を行います。微量元素や同位体の分析は高度なテクニックと注意深い実験操作を必要とするなど簡単ではありませんが,様々な物質に応用することができます。測定対象は,雨水から海水までの水試料,サンゴなどの生物試料,花崗岩などの岩石や地殻物質など様々で,今後もあたらな研究対象を追及します。これまでの修士論文などのテーマを簡略化して記すと:(1) 六甲山系河川水の水質形成過程の解明,(2) 地下水,特に,宮水 (リン濃度の高い酒造用地下水) の成因,(3) 河川底質中の重金属元素の動態,(4) 酸性雨の土壌への影響の実験的研究,(5) 海水の2倍の塩分を持つ特異な有馬型温泉水の成因,(6) 生物殻 (サンゴ,貝殻・有孔虫殻など) 中の微量元素の分析とそれらの古環境解明への応用,(7) 海水,特に大阪湾の栄養塩及び人間起源のガドリニウムの動態,(8) 古環境の復元や二酸化炭素の挙動と関係する方解石 (CaCO3) と水間での微量元素の分配に関する実験的研究,(9) 微量元素や同位体組成の分析方法の開発に関する研究,(10) プランクトンの培養による元素の取り込みに関する生物地球化学的研究,(11) 花崗岩地域における岩石の風化過程と山地崩壊の関係の解明,(12) 鉛同位体組成の精密測定による環境物質の研究,など。