教員情報(SATO Harumi)

氏名・職名 佐藤 春実(さとう はるみ,SATO Harumi)准教授
メールアドレス hsato [at] tiger.kobe-u.ac.jp
取得学位 博士(工学)(群馬大学)
研究分野 高分子化学・環境調和型高分子
[学部] 所属 人間環境学科 自然環境論コース
研究テーマ

環境にやさしい生分解性高分子の構造と物性について、主に振動分光法とx線回折法を用いて研究を行っています。

[大学院] 所属 [博士課程前期課程] 人間環境学専攻 自然環境論コース
[博士課程後期課程] 人間環境学専攻 自然環境論分野
[(旧)博士課程前期課程] 人間環境学専攻 自然環境論コース
[(旧)博士課程後期課程] 人間環境学専攻 自然環境論分野
研究テーマ

環境にやさしい生分解性高分子の構造と物性について、主に振動分光法とx線回折法を用いて研究を行っています。

研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト 教員のウェブサイト
研究室紹介 循環型社会を目指した環境に優しい次世代のプラスチック

軽くて丈夫な素材であるプラスチックは,私たちの身の回りになくてはならない存在ですが,一方で石油資源の枯渇,破棄後のごみ問題,焼却時のCO2排出による地球温暖化など,様々な環境への影響が問題となっています。このような環境問題を解決するものとして注目を集めているのが生分解性プラスチックです。生分解性プラスチックは自然界に生存する微生物によって最終的に水と二酸化炭素にまで分解されるため,環境に優しい次世代のプラスチックと言われています。私の研究室では,この生分解性プラスチックをもっと使いやすくするため,物性向上を目指した基礎的研究に取り組んでいます。生分解性プラスチックの研究は,有機化学,物理化学,高分子化学の他にも生物学や物理学など,広範な学術領域を総合的に理解する必要があります。自然環境論コースの総合理学型カリキュラムで幅広い知識と視野を身につけ,持続可能な社会の実現に向けた研究を一緒にしてみませんか。

研究最前線 持続可能な社会の構築を目指した次世代の高分子

高分子材料は、軽くて丈夫、成型加工が容易、大量生産が可能などの優れた特徴を持つため、幅広い用途で使われています。しかし、使用後の廃棄物の問題や、石油依存型の生産体系や大量消費型の使用など、抱える問題が多いのも事実です。当研究室では、使用中は従来のプラスチックと同じ性能を発揮し、使用後は自然環境中で微生物により分解され自然に還る生分解高分子の構造と物性に関する研究を行っています。環境に調和した循環型社会の実現に向けて、次世代の高分子材料創成を目指しています。