教員情報(AIZAWA Naoki)

氏名・職名 相澤 直樹(あいざわ なおき,AIZAWA Naoki)准教授
メールアドレス aizawa [at] kobe-u.ac.jp
取得学位 博士 (学術) (神戸大学)
研究分野 臨床心理学,臨床心理検査(投影法)
[学部] 所属 人間形成学科 心理発達論コース
研究テーマ

青年期における自己愛的傾向と対人恐怖的傾向に関する調査研究を行っています。ロールシャッハ検査法を中心とする心理検査法 (投影法) について実践的に研究しています。

[大学院] 所属 [博士課程前期課程] 人間発達専攻 こころ系講座, 臨床心理学コース
[博士課程後期課程] 人間発達専攻 こころ系講座
[(旧)博士課程前期課程] 心身発達専攻 臨床心理学コース
[(旧)博士課程後期課程] 心身発達専攻 心理発達論分野
研究テーマ

青年期における自己愛的傾向と対人恐怖的傾向に関する調査研究を行っています。ロールシャッハ検査法を中心とする心理検査法(投影法)について実践的に研究しています。

研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト
研究室紹介 対人関係における「傷つきやすさ」を超えて

私たちのゼミでは,心の成長にともなう自己や対人関係に関わる問題を幅広く研究しています。とくに対人場面における「傷つきやすさ」を主要な研究テーマとして,いわゆる対人恐怖や自己愛(ナルシシズム)の問題を発達的観点と臨床的観点から解明しています。それは,単に傷つきやすさを説明することではなく,人の心の成長の過渡的な姿としてその痛みを抱え,乗り越えていく道を探求することでもあります。ただし,そのようなテーマに限らず,ゼミの学生には自分自身に関心の深い研究テーマを発見するように勧めています。なぜならば,心理学はそのようにしてはじめて息の長い取り組みが可能となるからです。また,実際の人々の心から学ぶことも大切なことと考えていますので,研究手法としては調査研究や実践研究などを指導しています。そのほか,臨床実践分野においては,心の問題に悩む人々を対象としたロールシャッハ検査法の研究にも取り組んでいます。

研究最前線 青年期における自己愛と対人恐怖について,ロールシャッハ検査法について

私の研究テーマの一つは「青年期における自己愛的傾向と対人恐怖的傾向に関する研究」です。自己愛や対人恐怖というと難しく聞こえますが,平たく言えば「人目が気になって仕方がない」ことと言えるでしょう。ただそれは,あくまで「人の目に映っていると自分が思っている姿」にとらわれているのであり,いうなれば独り善がりな状態です。そして,そこから現実の自分と他者に気付づいていく (青年期における個体化の) 過渡的な段階でもあります。この研究では,その状態にとどまることがどのような事態をもたらすのか,また,それはなぜか,ないしは,そのことと照らして心理的な個体化とはどのようなことを意味し,また,それが可能となるのはなぜなのか,といった問題を調査研究により明らかにしていくことを目指しています。もうひとつの研究テーマは,「ロールシャッハ検査法に関する研究」です。こちらは心理臨床における実践的な取り組みを重視しており,研究手法としては事例研究とその蓄積を基礎にしています。この研究テーマを分かりやすく説明することは容易ではありませんが,少なくとも「検査を実施して結果を報告する」だけのものではなく,一つの事例やその蓄積を通じて人の心の一般的な原理を探求していくものと位置づけています。また,「検査」という言葉から一般にイメージされるような第3者的視点から人を見るのではなく,検査者自身の心の参加を介して人を知る方法でもあります。そのためかなりの勉強と経験を必要とするものですが,その分得られるものも多いテーマと考えています。以上いずれのテーマでも (前者は研究テーマが個人的な関心に結びついているという点,後者は研究テーマそのものに包含されているという点で) 「自分を知るようにして人を知る」ことを重視しつつ研究に取り組みたいと考えています。