【教育基礎研究道場】国際バカロレア校の教育理念・指導と高等教育への接続について

講師
Junko Hotsuki Grant (Dwight School London)
日時
2021年1月11日(月)19:30〜21:00頃
会場
遠隔(Google Meet)にて開催
概要
国際バカロレア(IB)は,多様な文化の理解と尊重の精神を通じて,より良い,より平和な世界を築くことに貢献する,探究心,知識,思いやりに富んだ若者の育成を使命の一つとし,国際的に通用する共通の大学入学資格を付与することを目指して開発されたプログラムである。初等教育プログラム(PYP,3-12歳),中等教育プログラム(MYP,11-16歳),ディプロマ・プログラム(DP,16-19歳),キャリア関連プログラム(CP,16-19歳)の4つのプログラムがある。特にDPは,国内外に導入が最も広がっており,その資格は国際的な大学入学資格として広く通用している。本講演では,IBについて,その教育内容・方法そのものが高等教育との接続に重要・有効であることを主張しているJunko Grant Hotsuki氏をお招きし,教育理念・実際の指導と高等教育への接続の関係について講じて頂く。特に,DPの必修要件である知の理論(TOK),課題論文(EE),創造性・活動・奉仕(CAS)を中心にお話し頂く予定である。大学入試や,中等教育から高等教育への接続で揺れる日本の教育改革について,本企画を通じて示唆を得たいと考えている。
申込先
川地亜弥子 lecture.kawaji [at] lion [dot] kobe-u [dot] ac [dot] jp
上記のメールアドレスへ,件名を「IB講演申込」とした上で,2021年1月8日(金)までに,①お名前,②ご所属を,メールでお知らせ下さい。前日にGoogle Meetの招待メールを送信します。
※お送りいただいた個人情報は,本イベントの運営の目的のみに使用いたします。

関連情報