社会環境論コースの卒業研究テーマ(2019年度卒業生)

  • 高等学校における専門的な職業教育の必要性
  • 「劣化」を招く世の中と,生き抜くための対抗策 -オープンデザインによる人類再興戦略-
  • 鉄道企業の多角化経営 -人口減少を見据えて-
  • 博覧会の地域的つながりとその意義について -神戸ポートアイランド博覧会を事例に-
  • 貧困撲滅に向けて -SHEPアプローチから得られる問題解決の鍵-
  • サイバー空間における「武力攻撃」該当性基準についての考察
  • 昔話の歴史的変還に関する研究 -「さるかに合戦」「かちかち山」「桃太郎」を事例に-
  • 過疎地における地方創生事業の果たす役割と課題 -兵庫県神崎郡神河町シングルマザー移住支援事業を事例に-
  • 離島架橋がもたらす島嶼地域の変化と格差 -岡山県日生諸島を事例に-
  • 潜在する日本の性暴力の歴史的起源 -中世的「家」の成立との関わりにおいて-
  • 宝塚歌劇とファンの没入 -夢見る少女はなぜ熱狂的なファンへと変貌するのか-
  • リキッド・モダニティにおける公共圏形成の可能性 -岐阜大学地域科学部の学部廃止反対運動を手がかりに-
  • 現代日本の家族と氏のあり方 -選択的夫婦別氏制度の導入をめぐって-
  • 日本の戦争・平和博物館に見る課題
  • 消費者の主体的社会貢献のための市場における新たな価値提供 -寄付付き商品におけるSNSの活用-
  • 外国にルーツを持つ子どもの日本語教育の変容 -精神教化から発達支援へ-
  • 甲子園大会にみる高校野球の歴史的研究 -101回を数える夏の甲子園を舞台に-
  • 現代日本のワーク・ライフ・バランス -その実現に向けた公的責任の脆弱性-
  • ユメとカネ -バンドマンの生活実態に関する調査と考察-
  • 福祉業界の現状と課題 -介護職員の実態調査から-
  • 日本国憲法及び子どもの権利条約からみた子どもの居場所のあり方 -大阪府貝塚市木島小学校区を対象に-
  • 移住者が担う離島における地域づくりの役割 -兵庫県・家島を事例に-
  • H・アーレント『人間の条件』を読む -科学論的アプローチによるアーレント哲学の深化-
  • キズナアイの「分裂」騒動について -バーチャルYouTuberとの相互行為の構造に関する考察-
  • インターネットにおける著作権と文化創造について
  • 学校における働き方改革の方向性と教員に求められる姿勢 -中教審答申とその批判をめぐって-
  • 日本の障害者福祉制度における障害者手帳・等級制度の問題点 -オストメイトを事例に-
  • ウルトラマンに象徴される正義の変遷 -一元的正義から多元的正義へ-
  • 高校スポーツにおける聖地化と地域の役割 -花園ラグビー場を例に-
  • 日本における人権教育の問題点 -中学社会カリキュラムの「社会権教育」の希薄化に着目して-
  • 開発援助における正義 -ケイパビリティの向上と必要と要求-