図書館の休館に伴う対応について(人間発達環境学研究科)

 現在休館中の人間科学図書館が月・木13:00-16:30に「特別利用」を実施することに伴い,人間発達環境学研究科での対応を次のようにします。なお,「特別利用」は博士論文・修士論文・学会発表の準備などに必要とする資料に限り認められます。

  • 1.「特別利用」のために入構したい場合は,指導教員に申し出て下さい。真に必要性・緊急性が高いと認められる場合に限り,入構が許可されます。入館時には入構を認められた通知(メールで可)を提示できるようにして下さい。
  • 2.入構が認められない場合は,郵送サービスを利用して下さい。
    • 1)郵送サービスはさしあたり第1クォーターに限ります。
    • 2)郵送サービスを受けられるのは,今年度に修論・博論の提出,論文投稿を予定している人に限ります。
    • 3)郵送できるものは,論文執筆に必要な図書・資料に限ります(人間科学図書館所蔵資料に限ります。また帯出禁止の図書・資料は貸し出せません)。
    • 4)発送時の郵送料は,人間発達環境学研究科で負担します(元払い)。
    • 5)貸出期間が7月2日まで延長されます(※ 6月2日以降は貸出期間が1か月となります)。返却については、返却期限までに構内立ち入り禁止が解除されれば来学して返却してください。解除されなければ、本人負担で郵送により返却してください。なお、附属図書館ホームページ「アカウントサービス」よりウェブ上で初回のみ貸出延長が可能です。
    • 6)対象期間において,各人1回限りの利用とします。貸し出せる冊数は大学院生は現在借りている冊数と合わせて25冊までとします。
    • 7)「郵送貸出申込フォーム」により貸出希望資料のリストを作成し,指導教員の承認を得た上で,図書館に申し込んで下さい。人間科学図書館メールアドレス:plibsvc[at]lib.kobe-u.ac.jp (迷惑メール対策のため,@ を[at]と表記しています。送信時は@に戻して下さい。)
    • 8)返却郵送時に図書等の紛失があった場合は,本人が賠償するものとします。
  • 3.その他,貸借等のサービスについて不明な点があれば,図書館に問い合わせて下さい。なお,現下の状況において職員の勤務制限が実施されていますので,回答や発送等に時間がかかることが予想されますが,その点は理解して下さい。
令和2年5月13日
人間発達環境学研究科長
青木 茂樹