高度教員養成プログラム特別セミナー「生の合一としての平和 -フリードリヒ・フレーベルの「人間の教育」における隠れたカリキュラムとしての平和教育-」

テーマ
生の合一としての平和 -フリードリヒ・フレーベルの「人間の教育」における隠れたカリキュラムとしての平和教育-
講師
カール・ノイマン(ブラウンシュヴァイク工科大学名誉教授,国際フレーベル学会名誉会長)
日時
2018年9月12日(水)10:00~11:30
場所
鶴甲第2キャンパス A427(A棟4階)
概要

幼稚園の創始者として知られるフレーベルは,幼児の教育ばかりでなく,個と全体が一つに調和した世界を創造する人間の教育を考えていました。近年の世界情勢は,宗教や文化の違いによる対立や衝突が各地で起こっています。共同体に生きる人々のつながりは断ち切られ,多くの子どもたちの生活が脅かされ,家庭生活や教育がさまざまな暴力の犠牲になっています。そこで本講演会では,ドイツの幼児教育研究の第一人者であるカール・ノイマン教授をお迎えして,生きとし生けるもののつながりを希求したフレーベルの教育思想に立ち戻り,平和のための教育について考えたいと思います。フレーベルや幼児教育に関心のある方はもとより,広く教育や人間形成の問題に関心のある人はふるってご参加ください。

担当
渡邊隆信
備考
講演はドイツ語ないしは英語でなされます。適宜日本語通訳あり。

報告


題目
生の合一としての平和 -フリードリヒ・フレーベルの「人間の教育」における隠れたカリキュラムとしての平和教育-
講師

カール・ノイマン(ブラウンシュヴァイク工科大学名誉教授,国際フレーベル学会名誉会長)

会場
鶴甲第2キャンパス A427(A棟4階)
日時
2018年9月12日(水)10:00~11:30
報告
今日,世界情勢は混迷の度を深め,宗教や文化の違いによる対立や移民の問題,そしてそれを解決するための争いや暴力が絶えず繰り返されている。本講演では,このような今日の「平和なき世界」において,いかにして平和を実現し得るのかという問題について考えるにあたり,幼稚園の創始者として知られるフレードリヒ・フレーベルの教育哲学に解決の糸口を求めた。
ノイマン教授は,フレーベルが長年追求してきた「生の合一」という理想とその実践の中からは,平和の実現のための様々な提案を見出すことができる,と彼の思想を評価する。フレーベルは,「政治的なもの」に支配された社会において「人間性の危機」を意識し,人や世界との繋がりを感じ取る場,すなわち平和な世界の秩序を経験する場としての「遊び」の重要性を主張したのである。
一般にフレーベルと聞くとすぐに幼児教育を思い浮かべ,平和教育と関連付けて考えることはあまりないように思われる。そんな中で本講演は,フレーベルの思想を「平和」というテーマから読み解くことによって,平和を実現する上での教育の重要性を再確認するとともに,「平和教育」というものが,単に「平和」について学ぶだけのものではなく,平和を生み出し,維持する能力の獲得を,教育全体を通して目指すものでなくてはならないということに気付かされる、非常に貴重な機会となった。  (人間発達専攻 M1 大和あさひ)



関連情報