「Casa Verdiに見る人生の円熟とは」発達コミュニティ学科国際交流シンポジウム【学術Weeks2018】


ポスター(220KB)

あなたはどのように人生を享受し,どのように豊かな歳を重ねていますか?
人生100年時代と言われる現代,円熟した人生の宝庫が,ミラノにあります。大作曲家ヴェルディが,音楽仲間の終の棲家として創設した最後の傑作,Casa Verdi(音楽家のための養老院)です。本シンポジウムでは,Casa Verdiから基調講演者をお迎えし,大事業を成し遂げたヴェルディの人生について伺い,そこに住む音楽家達の人生と彼の人生が,どう響き合い,心豊かなコミュニティが育まれているのか討議。パネリストには,Casa Verdi 唯一の日本人ソプラノ歌手:松本千歳先生(84),現役最高齢ピアニスト:室井摩耶子先生(97),池田洋子先生(81),バリトン歌手:益子務先生(79)等,世界で活躍してこられた円熟の音楽家と,音楽文化事情に詳しい松岡祐治氏をお迎えし,内発的に成長する喜びの中にある,人生の真の意味について考えたいと思います。

日時
2018年9月5日(水)14:00~17:30
場所
鶴甲第2キャンパス C111(C棟1階)
プログラム
14:00~14:10 企画趣旨説明 坂東 肇(神戸大学国際人間科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科・発達科学部教授、ピアニスト)
14:10~15:40 基調講演 フェルディナンド・マリオ・ダーニ(Casa Verdi)
  • 「人間ヴェルディとCasa Verdi」
15:50~17:30 パネルディスカッション
パネリスト
  • フェルディナンド・ダーニ(基調講演者)
  • 室井 摩耶子(現役最高齢のピアニスト)
  • 松本 千歳(Casa Verdi在住唯一の日本人声楽家)
  • 池田 洋子(ピアニスト・大阪音楽大学客員教授・神戸女学院大学名誉教授)
  • 益子 務(声楽家・武庫川女子大学名誉教授)
  • 松岡 祐治(ヤマハヨーロッパ 前イタリア支社長・ピアニスト)
コーディネーター
  • 坂東 肇(神戸大学国際人間科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科・発達科学部教授)
  • 永吉 由佳(神戸大学発達科学部 4回生)
通訳 伊藤 格(ジャーナリスト)
※講演者及びパネリストは都合により変更になることがあります。また会場スペースの都合上,ご入場を制限する場合もありますのでご了承ください
主催
神戸大学国際人間科学部、神戸大学大学院人間発達環境学研究科 学術Weeks 2018
お問い合わせ
坂東研究室:bando [at] kobe-u [dot] ac [dot] jp
TEL&FAX : 078-803-7796

本事業は,神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 学術Weeks2018の企画の1つとして行われます。