高度教員養成セミナー 報告

第2回 報告


題目
乳幼児教育実践の質の維持・向上を図る実践研究~エカーズを中心に~
講師
埋橋玲子(同志社女子大学)
会場
鶴甲第2キャンパス F255(高度教員養成プログラム室)(F棟2階)
日時
2018年6月15日(金) 17:00~18:30
報告
本講演では,Early Childhood Environment Rating Scale(ECERS)が諸外国でどのように乳幼児教育の質の維持・向上を図るツールとなされているか,ECERSの評定方法について,日本における園でのエカーズを活用した保育の質の向上に関する実践例を通して解説された。例えば,(1) Early Childhood Environment Rating Scale(ECERS)は,世界各地で乳幼児期の保育環境の質を測定するアセスメント方法として活用され,すでに20を超える国々で使われ,16の国で公刊されていること,(2)ECERSの内容と評定方式ECERS-3では,6のサブスケールに分類された35項目について,3時間程度対象となるクラスの保育を観察し,10前後の指標に基づいて7段階(1~7点)で評定を行うこと,(3)自己評価と保育の質の向上のツール:ECERSは園内での保育の質を向上させるためのツールとしての利用だけではなく,自己評価,考察的な実践,質の向上計画に利用することが可能である,等であった。
質の高い保育を保証し,実践していくためにスケールを活用することは,保育を評価するためだけではなく,数値を根拠に保育実践について保育者間で考察し合うことを通し,保育の中での子どもと保育者の関わり,環境構成について具体的に計画し実践をすることを可能にすることを再認識した。保育者が評価を目的ではなく,日本の保育の質の向上にECERSをツールの一つとして様々な評価尺度も活用できる必要性があると考える機会となった。(人間発達専攻 M3古賀志津香)