表現文化論コース(表現文化論教育研究分野)の修士論文/博士論文(2008年度)

  • 総合舞台芸術としての現代の能・文楽・歌舞伎―解釈と作品分析― (浜 敬子)
  • 明治期日本における社交ダンス受容の史的考察―鹿鳴館の役割― (沼田 苑子)
  • 奥行き感に関する注視行動の分析―平面表現の事例研究― (土居 泰子)
  • ディアギレフによる「前衛総合芸術」の挑戦―舞踊と服飾の身体意識に関連して― (仁木 綾音)