本研究科の院生と教員が「日本スポーツ産業学会」の企画コンペ「スポーツ庁長官にアイデアを披露しよう」を受賞しました

2017年7月15日(土)に立教大学で開催された「日本スポーツ産業学会」第26回大会の企画コンペ「スポーツ庁長官にアイデアを披露しよう」で,久保雄一郎(人間発達専攻院生),山口泰雄人間発達専攻教授)が「スポーツ庁長官賞」を受賞しました。この企画コンペは,スポーツ庁長官の鈴木大地氏を審査員に迎え「スポーツ産業活性化」に向けたアイデアによって日本のスポーツ市場規模拡大に貢献することを目的に開催されました。「VR映像(仮想現実)」と「EMS」による筋肉への電気刺激を活用した新しいトレーニング法を提案し,その着想が評価されました。