発達支援論コース(発達支援論教育研究分野)の修士論文/博士論文(2008年度)

発達支援論コース

  • 次世代育成の観点から捉えた赤ちゃんふれあい体験事業の意義と効果 (相曽 絵莉子)
  • ボランティア活動における専門職ボランティアの「学び」の実態についての研究―知的障害者理解の変容に着目して― (阿波 美織)
  • 女子高校生のためのキャリア教育に関する一考察―女性理系分野専攻者のキャリア構築の軌跡をもとに― (曽我 邦子)
  • 都市と農村交流による農山村の内発的発展の可能性に関する研究―丹後地方の定住意向を事例として―
  • 夫のつわり (クーヴァード症候群) とジェンダー規範 (内藤 弘正)

発達支援論コース(1年履修コース)

以下は,リサーチペーパーのタイトルです。

  • 学級及び学校における学びの共同体に関する考察
  • 学校教育におけるメディアリテラシー教育の課題と内容
  • 環境学習の推進のためのコーディネートのあり方
  • 歯科衛生士として働くことのリアリティ―フリーランスのライフストーリー―
  • 高校生エイズ・ピア・エデュケーションの実践的研究