発達支援論コース(発達支援論教育研究分野)の修士論文/博士論文(2010年度)

発達支援論コース

  • ペアレンティングの継続的受講と親としての発達との関係性―大学サテライトにおける乳幼児の親を対象としたプログラムを通して―
  • 活動コーディネートにおける〈さそいあい〉行為の意味についての考察―ESD ボランティア推進プロジェクトを事例にして―
  • 看護継続教育における「実践知」に関する研究
  • ひきこもる若者における「居場所」研究の再構築―支援スタッフと利用者が織り成す現出空間として―
  • 障害児の発達を促す環境形成に向けた地域資源の相互連携
  • 学齢期子育て支援講座の開発と効果に関する研究 [博士論文]

発達支援論コース(1年履修コース)

以下は,リサーチペーパーのタイトルです。

  • 共感的自己肯定感を育むインクルーシブ教育に向けて―特別支援学校における工業高等専門学校と高齢者小規模多機能施設のつながりを通して―
  • ひろばにおける子育て支援―その質的向上と安定的継続に向けて―
  • 子どもの発達を見取るための幼稚園教師・保護者間連携システムの構築とその効果に関する研究
  • 不登校をめぐる教師の支援に関する調査的研究―卒業生とその保護者および中学校教師を対象として―