研究道場特別講義 「コミュニケーションとしての展示~博物館展示への学習者による新たな価値創造を促す学習プログラムの試み~」

テーマ
コミュニケーションとしての展示~博物館展示への学習者による新たな価値創造を促す学習プログラムの試み~
講師
小川 義和(国立科学博物館付属自然教育園長(兼)博物館等連携推進センター長)
日時
2017年10月20日(金)15:10~16:40
場所
鶴甲第2キャンパス A427(A棟4階)(予定)
概要
知の循環型社会における科学リテラシーの向上のため,来館者と博物館との対話を促す博物館生涯学習システムの構築を目的として対話型学習プログラムを開発しました。開発した学習プログラムは,国語辞典から選択した言葉に,参加者自らが当てはまると思った展示物の写真を撮影し,言葉と組み合わせて自分だけのオリジナル作品を制作し,それを参加者間で発表して共有するものです。「体験」と「言語」を組み合わせて,他者との「対話」を行う本学習プログラムを事例に,展示物に対する「新たな学び」の可能性を考察します。
担当
稲垣 成哲



関連情報