第24回アカデミックサロン 「ビューティタッチセラピー」 開催報告

2016年12月12日(月)に,第24回アカデミックサロン「ビューティタッチセラピー」を開催しました。ビューティタッチセラピーとは,スキンケアやメーキャンプなどを通して肌に触れることで健康を促す「心と体の美容療法」のことです。講師として,「ビューティ―タッチセラピー」を提案された日本介護美容セラピスト協会代表理事の谷都美子先生のお招きしました。

今回は,男女問わず施術が可能な「ハンドセラピー」の方法を,事前に申込みをした16名が楽しみながら体験しました。プログラムの前半は,手足などを優しくマッサージされることで「心」「脳」「体」「肌」にもたらされる効果などについてお話しされました。谷先生は東日本大震災以降,福島県を中心に被災した方々を対象にハンドマッサージを提供するボランティア活動に取り組まれています。そのような場では,マッサージをしながら相手の手に触れていると,こちらから問いかけなくても,相手の方が「私の話を聞いて」とが語りだすことがあると言われました。

後半は,参加者同士が二人一組になってハンドマッサージの方法を学びました。スクリーンに映し出された谷先生の手元を参考にしながら,先生の説明に従ってお互いにマッサージをしあいました。マッサージの方向は末端から心臓に向けて,動かすスピードは1秒間に4㎝くらい,相手が心地よいと思える強さで,といった点に注意しながらハンドクリームを用いて行いました。

お互いの手をマッサージしあうことで,初対面の参加者同士でも自然と会話が弾む様子が見られました。また,「触れること」による様々な効果を実感できる良い機会になりました。