健康発達論コース(健康発達論教育研究分野) 大学院生の声2011

「健康」について幅広く,かつ深く,探求する

鄔 妍 さん(前期課程2年生)

 私は,他大学で心理学を専攻し,ストレスについて研究してきました。特に,育児によるストレスが,児童虐待やうつ病などの社会問題や心理的な病を引き起こすことが少なくないということを,卒業研究で報告しました。現代社会において,ストレスは多くの人に関係する深刻な問題です。人は過度のストレスを受けると,過食や飲酒,喫煙のような不健康な行動によってストレスを解消する傾向にあります。そこで,「ストレス」についてさらに深く研究するために,健康科学に関する教育・研究の環境が整っている健康発達論コースに入ることを決めました。 現在は,ストレスと食行動の因果関係について,文献を読んだり,実験を行っています。この研究科には様々な分野の研究者が集まっており,分野を超えて多くの先生や先輩からアドバイスをもらって日々研究しています。多くの人に出会い,支えられ,充実感と幸せを感じる毎日です。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2012』 より