発達支援論コース 学生の声2010

人に寄り添う,実践による学び

田代 真也 さん(発達支援論コース4年生)

 貧困,環境,ジェンダー,子育て,労働,…,私たちの身の回りでは様々な社会問題があります。それらはどこか遠くの世界で声高に叫ばれているように聞こえるかもしれません。しかし,どんな社会問題でも,それは1人1人の個人の問題の集合なのです。発達支援論コースでの学びは,この「1人1人の問題」に寄り添うことだと私は思っています。支援論コースでの実践を通じて得た経験は,机の上での学習よりも,何倍も身に入ってきます。私の場合,高齢者大学での高齢者と大学生のプログラムづくりを皮切りに,子育て支援の場や障害者支援の場など様々な活動分野に広がって関わらせていただいています。それは必ずしももともと興味のあった分野であったわけではありませんが,4年次からとりかかる卒業論文にはこれらの経験を活かしつつ取り組んでいきたいと思っています。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』 より