自然環境論コース 学生の声2015

幅広い知識と魅力的な人が集まり・繋がる場所

矢井田 友暉 さん (自然環境論コース4年生)

自然環境論コースでは,2,3回生の間に物理・化学・生物・地学の4分野全ての講義と実験が受けられるため,高校で勉強した内容を生かして,さらに深く,広い実践的な知識を身に付けることができます。これは,現代の世界に山積する様々な自然環境問題に対する研究が,多数の領域に跨って相互に関わっているため,それらに対応した広い視野が必要であるからです。また,私はそうした日頃の勉強の中から自分が興味を持った分野を見つけ,調べるところから,研究が始まりました。

このコースのもうひとつの特徴として,先輩方との強い繋がりを感じられることが挙げられます。2回生になり配属が決まってすぐに行われる全員参加の合宿や,毎年開催されるスポーツ大会やバーベキューなどを通して,先輩方と仲良くなり,勉強を教えて頂いたり,就職についての悩みを聞いて下さったりしてもらっています。このような恵まれた環境が揃う場所は他にないと思います。


案内パンフレット 『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2016』 より