子ども発達論コース 学生の声2015

ここだからこそ学べる子どもの姿,子どもの魅力を感じる

矢野 叶子 さん (子ども発達論コース4年生)

このコースでは,教育,心理,数理認識,運動,音楽,芸術,文学などの視点から子どもを理解することで,新しい子どもの姿にどんどん出会うことができます。

私自身は幼稚園教諭を目指しこのコースにはいりました。友達と話し合ったり,身体を動かしたり,実際に子どもと触れあったりと様々な方法で子どもについて学ぶ機会が多く,このコースだからこそこんなに多くの子どもの姿を学べるのだなと実感し,保育の方法を学ぶことだけが将来につながるのではないことを学びました。さらに,実践現場の方々のお話を聞くことが多く,とても勉強になります。そのなかで,新たな子どもの魅力を知り,感動するとともに,子どもの世界により一層ひきこまれました。

コースの人数は一学年20名ですが,担当教員は7名おります。親しみやすい雰囲気でみんなが子どもを好きだという同じ思いをもっています。そんな仲間や先生方と一緒に,子どもの魅力を思う存分感じてみませんか。


案内パンフレット 『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2016』 より