カリキュラム

前期課程の主な科目

科目名 科目概要
ヒューマンコミュニティ創成研究 ヒューマンな環境形成の条件や前提,問題群等への理解を深め,博士課程前期課程での個別の専門領域での学習・研究のための基本的な視点を養う。
器楽表現特論 音楽を聴いて感銘を受けた経験を持ち寄り,その音楽のどこに感銘を受けたのか一つずつ検討し,その内容を共有・考察する事を通して音楽の内実に迫る。
声楽表現特論 年度ごとにテーマを決め,様々な角度から声楽表現法を研究し,表現するとはどういうことかを議論し深めていく(例えば,2010年度は,H.Wolf作品)。
現代彫刻特論 変態する人間(芸術家変態論)。芸術家は創作活動の中で,ある時,飛躍的な変化を遂げることがある。その時作家に何が起こったのか,その変貌期について考察する。
現代絵画特論I 日本にモダニズム絵画は存在したのか?西洋近代絵画をフォーマリズム的視点より見つめ,それらに対称化される日本の絵画像とその問題点に迫る。
舞踊表現特論I 総合芸術としての舞踊の特性について,他ジャンルとのコラボレーション,古典作品の新解釈などをトピックとして,具体的な事例を取り上げ考察する。
音楽作品研究特論 前期の「音楽作品研究特論」を踏まえ,組織的・非組織的両側面から,自らの作品を創作することによって,より実際的な音楽把握を試みる。
音楽創造特論 19世紀末から20世紀前半にかけての西洋芸術音楽を,「曖昧さ」という観点で実証的に分析し,その実態を構造的側面から把握する。

後期課程の主な科目

科目名 科目概要
教育能力養成演習 大学教員としての教育能力・教育資質の開発を目指し,指導教員の指導監督のもとで,専門領域の基礎的内容を取り扱う学部の講義科目の「模擬授業」を実施する。