生活環境論コース(生活環境論教育研究分野) 大学院生の声2010

木を見て森も見る視点を養う自由で刺激的な環境

牧ヶ野 衣里 さん(前期課程1年生)

 本研究科の特色は,専門を極めるだけではなく専門外の知識も得ることができるという点です。特にこの生活環境論コースでは,全く異なる研究分野の先生の話を聞く機会が多いので視野が広がり,自分の専門分野の知識だけでは気づくことのない問題点を見つけることができます。木を見る能力を鍛えることは大学院では当然のことですが,森を見る能力も鍛えられる環境がここにはあるのです。私はジャトロファという熱帯地域に自生する油糧植物に環境ストレス耐性を持たせるよう改良し,エネルギー問題解決の一端となるよう遺伝子解析や組換えの研究を行っていますが,授業では,専門の研究のための論文を読んでいるだけでは知ることのできない,重要で普遍的な知識を他の分野の先生に教えられました。また友人たちも異なる専門分野で研究を行っているので,各々の視点から自由に議論することができ,日々刺激を受けています。このような場面が日常的に存在していること,それがこの研究科の一番の魅力です。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』 より