臨床心理学コース(心理発達論教育研究分野)の修士論文/博士論文(2013年度)

  • 作品のふりかえりから見る,箱庭の継続制作における制作者の主観的体験について
  • 不登校の子どもを持つ父親の想い-子どもについての語りと父親としての自分についての語りに焦点を当てて-
  • 青年期の自我同一性と相互独立性・相互協調性との関連
  • 両親とのアタッチメント関係と配偶者とのアタッチメント関係のつながり-内的作業モデルが及ぼす影響と内的作業モデルの修正・更新-
  • 青年期後期・成人期発達障害者支援従事者の支援継続の要因-半構造化のインタビュー調査を通して-
  • H. コフートの自己愛理論に関する研究との概念をもとに
  • 親になることによる自己概念の変化-親としての可能自己に焦点を当てて-
  • 間取図法の機序に関する研究
  • 青年期女性における母娘関係と情緒的自立との関連-ペアデータにみられる母の視点と娘の視点-
  • 「語り手」と「私」という聴き手から生まれた病いの意味-書記的方法を用いて-
  • 被養育体験の意味づけと予期的養育態度の縦断的検討-大学生期から社会人期における個人の語りに着目して-
  • 女性における「親になる」意識の形成過程-妊娠期~育児期の多重性に着目して-