自然環境論コース 学生の声2014

恵まれた環境のなかで自分を磨くことができる場所

丹羽 萌子 さん (自然環境論コース4年生)

地球温暖化,生物多様性,エネルギー開発…我々の身の回りには,数多くの自然環境に関する問題が山積しています。これらの問題にアプローチしていこうと考えたとき,必要とされるのが幅広い知識です。広い視野を持つ学生が育つ場所,それが自然環境論コースです。

自然環境論コースでは3回生まで物理,化学,生物,地学を学び,4回生で自分の専門分野の研究室に所属します。2,3回生では個人でテーマを設定して,研究を行うという授業があります。私はその授業に参加し,ひとつの研究が様々な分野との相互作用によって生み出されていくということや,日頃の学習が持つ重要性を,強く実感しました。

その他にも研究所見学ツアーや合宿など,学生が成長する為の貴重な機会がたくさん与えられます。また,スポーツ・バーベキュー大会など多くの行事が行われ,コース内の仲の良さも魅力です。自然環境を学ぶ上でこれほど恵まれた環境はないと私は感じています。


案内パンフレット 『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2015』 より