子ども発達論コース 学生の声2014

さまざまな分野から子どもについて学び,子どもの世界を感じる

名坂 友里 さん (子ども発達論コース4年生)

子どもについてさまざまな分野から学んでいくのがこのコースの最大の魅力です。教育や心理,数理認識,メディア環境,スポーツ,芸術などから子どもについて理解を深めていきます。

講義で先生の話を聞いて学ぶだけでなく,おもちゃで遊んだり,紙芝居を作って発表したりする授業もあります。子どもの発達支援という授業では,「赤ちゃん先生」といって生後1歳前後の赤ちゃんと触れあったりお母さんから子育てについて話を聞いたりする機会があり,私自身とても印象に残っています。身体を使って実践してみることで学べることも多く,頭で考えるだけが勉強ではないのだと感じます。

コースの人数が少ないこともあり,先生と学生の距離が近く,とてもアットホームな雰囲気です。子どもが好きな人,子どものことを深く学びたいと思っている人はぜひ一緒に子どもの世界を学んでいきましょう。


案内パンフレット 『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2015』 より