教員と専門分野

臨床・感性表現論コースは次のスタッフが担当しています。

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
岡崎 香奈 准教授
(おかざき かな)
kanaokaz [at] people.kobe-u.ac.jp
音楽療法,即興演奏

医療,福祉,教育現場における音楽の臨床的活用について研究しています。特に「表現者としての人間」が即興演奏する行為と,そのプロセスで生起する要素を検証しています。

関 典子 准教授
(せき のりこ)
n-seki [at] pegasus.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
舞踊学,コンテンポラリーダンスの創作と研究

ダンスや身体表現の特質である「現在性」や「コミュニケーション」について,表現活動と研究活動をフィードバックしながら探究しています。

野中 哲士 教授
(のなか てつし)
tetsushi [at] people.kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
認知科学,生態心理学

人のふるまいが周囲の環境にどのような価値(アフォーダンス)を探りあてているのか,わざ,リハビリ,乳児発達,人工物のデザイン等を対象に観察しています。