教員と専門分野

表現創造論コースは次のスタッフが担当しています。

氏名 メール・サイト 研究分野 研究テーマ
岸本 吉弘 准教授
(きしもと よしひろ)
yoshiki [at] kobe-u.ac.jp
絵画表現

現代における「絵画表現」を実践的 (実技) また理論的 (研究) な両側面より追求し,より本質的な人間表現としての「絵画」像を模索しています。

田村 文生 准教授
(たむら ふみお)
bunsay [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
作曲,編曲,西洋芸術音楽を中心とした作品研究

音楽作品の様式・実態・機能の分析により,音楽の作られ方・聴かれ方を探る様々な演奏形態での音楽表現の多様性を,作品の創作によって提示しています。

塚脇 淳 教授
(つかわき じゅん)
* 2018年3月末で退職予定
juntamba [at] kobe-u.ac.jp
教員のウェブサイト
美術,彫刻

20世紀の美術,特にロダン以降の抽象彫刻について研究教育しています。私自身は彫刻家として鉄の彫刻を制作し,国内外に精力的に発表しています。

坂東 肇 教授
(ばんどう はじめ)
bando [at] kobe-u.ac.jp
器楽(ピアノ,室内楽)

音の中に込められた想いはどのような形をとって表現となり人の心に達するのか。ピアノ演奏におけるコミュニケーションに内在する原理を探究しています。