実習観察園:畑仕事(ピーマン)

ピーマン(学名: Capsicum annuum,英名: sweet pepper,ナス科)

1. 畑の準備 畑にはあらかじめ1m2あたり苦土石灰100gを施してよく耕しておきます。植え付けの10日前に畝を作ります。元肥は畝の中央の溝に施します。植え付けは本葉5~6枚の苗を少し高い目に植えます。植え付け後は長さ20cmの仮支柱を立てます。植え付け前にマルチを敷くと地温が高まり初期の生育がスムーズになります。
2. 整枝・誘引 1番花の付いた腋芽は強く伸びるのでそのまま伸ばし,それより下の腋芽は早めに摘み取ります。また,主枝の2番花が付いた節の腋芽,最初に伸ばした側枝の1番花の節の腋芽も強く伸びるので,計4本仕立てとし,支柱に誘引します。その他の腋芽は放任しますが,腋芽が込みすぎたら間引きをして株全体の日当たりを良くします。
3. 追肥 追肥は1度に施すのではなく,収穫の始めごろから半月おきに化成肥料を施すか,水やりを兼ねて液肥を追肥します。化成肥料を施す時は,同じ場所に繰り返し行うのではなく,場所を変えて与えるようにします。
4. 更新剪定 秋にも収穫したい場合は,7月下旬に株元から50~60cmの高さで枝を切りつめ,肥料を施し,敷きわらを敷いておきます。
5. 病害虫防除 疫病や斑点細菌病,アブラムシなどの害虫は早期に防除しておきます。