人間発達専攻の主な授業科目 第3A群 表現系

博士課程前期課程 表現系

授業科目 科目概要
現代絵画特論I

日本にモダニズム絵画は存在したのか?西洋近代絵画をフォーマリズム的視点より見つめ,それらに対称化される日本の絵画像とその問題点に迫る。

声楽表現特論I

歌曲作品を取り上げ,その歴史的意味また社会的意味を資料から読み解く。

声楽表現特論演習

声楽表現特論Iを踏まえ,歌曲作品の演奏法・表現法を実践を交えながら体得していく。

器楽表現特論I
音楽創造研究特論I

20世紀初頭の西洋音楽の語法変革に関して,その独創性や19世紀的音楽との類似性を対比させながら分析し,作られ方・聴かれ方を考察する。

美術表現特論

20世紀以降の彫刻,彫刻家に焦点を当て,その思想と表現について論じるとともに,その特徴的な顕れや問題点,また創作プロセスについて考察する。

美術表現特論演習I

立体造形の創作探求と,その探求によって得られた造形原理を踏まえて,立体造形に関する応用の可能性について,作品制作及び展覧会発表スキルで考察する。

博士課程後期課程 表現系

授業科目 科目概要
現代絵画特論II

作ることと思考することが繰り返されることによって練り上げられていく造形の世界。そこに潜む「(表現者)の論理」について,様々な知見を援用しながら考察する。

声楽表現特論II

ロマン派歌曲の演奏法を様々な視点から検討し,その教授法についても研究する。

器楽表現特論II
音楽創造研究特論II

作品・作家・方法論等,音楽創造に伴う様々な分野を対象とし,その現代的意義を考察する。

美術表現特論演習II

立体造形の創作原理の探求と,その探求によって得られた造形理論を踏まえて,立体造形に関するさらに高度な応用の可能性について検討する。