発達支援論コース(発達支援論教育研究分野) 大学院生の声2013

「たくさん人と出会い,ともに学び合うことができるオープンな場所」

赤嶺 佑一 さん(前期課程2年生)

 私は「ジェンダー視点でみる地域防災」を研究テーマとしています。自宅近所で発生した火災をきっかけに, 地域の防災活動におけるジェンダーに関心を持つようになりました。現在は,地域の消防団や防災福祉コミュニティの活動に参加しながら,ジェンダー視点から,これからの地域防災のあり方を追究しています。
 地域の防災活動に関わる方々は年齢も職業も様々ですが,どの方も「どうにかして,この地域をもっとよくしたい」という思いを持って活動しておられます。こうした方々と一緒に,どうすれば災害に強いまちになるのか, 皆で助け合える地域をつくれるのかといったことを日々考えながら活動しています。
 「このような問題関心で本当にやっていけるのか」と, 大学院進学を考え始めた時は非常に不安でしたが, 本研究科は多様な問題関心を持つ人たちが一緒になって,ともに議論し実践できる環境が整っており, いまはとても充実した大学院生活を送っています。

案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2014』 より