社会環境論コース(社会環境論教育研究分野) 大学院生の声2013

学際的で刺激的な研究環境

クーレタ・トアカイ さん(前期課程2年生)

 私は南太平洋のキリバス共和国という小さな国からこの神戸大学に学びに来ています。専門は政治学で「キリバスの環境問題と政治過程」が研究テーマです。これまで受講した講義では非常に刺激的なディスカッションが交わされ多面的な見方や価値観を学ぶことができました。それを通じて私自身の研究課題を深めるだけでなく, 社会を構造的に分析する視点も養えました。学際的な講義内容はすべて私の研究の糧となっています。自分の興味ある分野だけでなく,様々な社会問題や理論を学んだことは研究を進める上で大いに役立っています。また将来帰国した後のキャリアにも生きてくるものだと感じています。複数の先生方からの研究上のアドバイスは自分の研究課題を深める大きな助けとなっています。留学生にとっては多くの日本人と知り合え,日本についてたくさん学ぶことができるのはとてもうれしいことでもあります。みなさんとキャンパスで会えるこ
とを楽しみにしています。

案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2014』 より