「アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ 2012」にて,舞踊ゼミCが最高賞「松本千代栄賞」を受賞しました!

2012年9月16~17日,富山県高岡市福岡町で開催された「アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ 2012~少人数のための創作ダンスコンクール~」において,舞踊ゼミCが,最高賞である「松本千代栄賞」を受賞いたしました。
本コンクールは,5名以下の少人数編成の作品を対象にした全国規模の大会で,今年15周年。
コンテンポラリーダンスの新しい才能の揺籃として,多方面からの注目を集めています。
受賞作品は2013年1月14日「座・高円寺ダンスアワード」他にて上演予定です。どうぞご期待ください。

作品:
『肌理(きめ)~埋め込まれた意味~』
振付・出演:
岡元ひかる・出口真理安・濵口真衣・西岡雅代 (舞踊ゼミC/人間表現学科3年)
指導:
関典子 (人間表現専攻 講師)http://www2.kobe-u.ac.jp/~sekinori

尚,舞踊ゼミでは,本年10~11月にかけて,下記の企画を開催いたします。
[学術Weeks 2012] 冨士山アネット ワークショップ&ショーイング(発表公演)

戯曲や台詞から身体表現を紡ぎ出す「ダンス的演劇(テアタータンツ)」の手法で知られる「冨士山アネット」主宰の長谷川寧氏をお迎えしてのワークショップ&ショーイング。
学内外・ジャンルを問わず,身体表現に興味がある方を募集中です(WS申込〆切:10/25必着)。
是非この機会に,舞台作品の創作現場・ジャンルを超えた身体表現の妙を,ご体験ください。