体験談2012

未来と繋がる瞬間「就職活動」

関西電力株式会社 勤務
湯浅 真紀 さん(2012年3月人間行動学科健康発達論コース卒業)

 「発達科学部って何?」と聞かれたら,皆さんならどう答えますか?私の答えは「人の幸せを思うスペシャリスト集団」です。発達科学部では,すれ違う人皆が多様な分野のスペシャリストでありながら,全員の目指す先には共通して「人の幸せ」への熱い思いがあります。そんな仲間と切磋琢磨している間に,自分自身の中にもその思いが芽生えている事に,ある偶然を機に気付きました。3月11日。震災を機に私は「関西電力」を志望し始めます。「人の幸せ」が脅かされているその現実を前に「誰かが問題の渦中に飛び込まなくてはいけない。」そう感じました。震災という偶然降り注いだ運命を,未来を切り開くきっかけに変えられたのも,発達で培った考え方,仲間の存在があったからです。そして,いつも「いってらっしゃい」と私達の背中をそっと押してくれるキャリアサポートセンターは,私達と社会が繋がる「架け橋」になってくれていたのだと思います。

将来のために選択肢を増やし,真剣に考えることが大切

神戸大学大学院人間発達環境学研究科 在学
大月 翔太 さん(2012年3月人間環境学科数理情報環境論コース卒業)

 私はキャリアサポートセンター主催の教員採用ガイダンスで有益な情報を得ることができ,教員採用試験に向けた準備を計画的に行うことができました。発達科学部には教員を目指す学生も多く,この機会を通して教員採用試験を受験する仲間とも出会えました。学生が中心となって,面接や集団討論の練習などの勉強会を行い,不安なく受験に臨むことができました。私はもともと進学に関して否定的でしたが,私が受験する教員採用試験では大学院進学を理由に辞退した場合,2年後に個人面接のみの特別選考枠で受験する機会が与えられることを知り,教員採用試験の直前になり進学するメリットを真剣に考えるようになりました。高校の数学教員として生涯現場で働くことを考えて,進学しさらに数学を勉強することを決意しました。教員採用試験と大学院入試に全力で取り組み,両方の試験に無事合格することができました。発達科学部には様々な専門分野や進路の選択肢が考えられます。いろいろな可能性を自分自身が真剣に考え選択肢を増やすことで,将来の自信に繋がると思います。

自分自身をじっくりみつめることが未来への鍵

阪和興業株式会社 勤務
藤谷 真理 さん(2012年3月人間表現学科表現創造論コース卒業)

 私は人間表現学科で個性豊かな仲間と,音楽・美術・舞踊を融合する総合芸術を学び,非常に色濃い4年間を過ごすことができました。就職活動を始めた頃は,社会人になってからも何らかの形で芸術に携われる環境にいたいと思い,自分のキャリアを考えていきました。しかし,最初は「キャリア」の言葉にピンと来ませんでしたが,キャリアサポートセンターでカウンセリングを受けるにつれて,次第に明確になってきました。幼少期から振り返ったり,何に価値を置いているのか考えることで,自分とじっくり対話する習慣が身につき,将来なりたい自分の像が明らかになっていきました。自分の軸がしっかりし,自分を見つめることができる癖がつくと,就職活動中に行き詰った時も自分を前向きに立て直すことができます。社会に出てからも役立つ習慣を身につけるきっかけを下さり,感謝の気持ちでいっぱいです。バリバリと働きながらも,芸術にも携わり,学生以上に色鮮やかな日々を送れるよう自分を磨いていきます!

案内パンフレット 『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2013』 より