身体行動論コース(身体行動論教育研究分野) 大学院生の声2012

Life is motion!人間の“行動”を多角的に探求する

白石 大悟 さん(前期課程2年生)

 「生きている」それはすなわち行動していることです。本専攻には,人間の行動を様々な角度から研究されている先生方がおられます。私が専門的に学んでいるのは運動生理学ですが,他にも心理学や社会学の知識も学ぶことができます。授業も受身ではなく,ディスカッションをしたり,自分の興味のあるテーマでプレゼンテーションをしたりと,毎日が学習の宝庫です。人間の“行動”に関するテーマについて様々な視点で学べることは私を大きく成長させてくれます。
 人間の様々な“行動”の中で私が興味を持っているのは「人間の巧みな動きの習得」です。自転車にいつでも乗れるのは,子どもの頃に学んだ乗り方を覚えているからです。私はその様な運動の記憶に関して研究を進めています。私たちの周りには不思議なことがたくさんあります。自分が感じた身近な疑問について,専門的に研究できることは大きな喜びであり,毎日充実した日々を仲間とともに過ごしています。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2013』 より