健康発達論コース(健康発達論教育研究分野) 大学院生の声2012

自分を再構築!足と靴の健康教育で社会貢献

上田 恵子 さん(前期課程2年生)

 私は足育スタイリストとして,正しい靴の選び方と履き方,正しい姿勢と歩き方の指導を行っています。大学院の進学は,娘の靴選びに悩み,現在の指導教授の講座に参加したことがきっかけです。また,O脚で外反母趾の足を持つ親の度重なる転倒,受講生の足のトラブルの多さから,専門学校で足と靴について学び,欧米の足育を調べるうちに,日本人の足と靴に対する意識が大変遅れていること,それが足(脚)だけでなく,全身に様々な影響を及ぼしていることに危機感を持ちました。大学院では,一次予防を目指した「子どもの足と靴の健康教育」を研究し,社会に貢献したいと考えています。健康発達論コースでは,幅広い分野の先生がたから指導を受けることができ,年齢や国籍も様々な仲間に刺激を受けながら,学ぶことに時間を費やせる喜びを日々かみしめています。大学院を目指す人には,自分を再構築すべく,ぜひ挑戦することをおすすめします。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2013』 より