社会環境論コース 学生の声2012

私たちの素朴な「なぜ」を探求することで社会をとらえる

村上 遼介 さん(社会環境論コース4年生)

 今,世の中は大きく変化しています。変化とともに数多くの矛盾が生まれています。その矛盾を知り,社会で生きて行くための糧にしたいと思い,私は社会環境論コースに進学しました。
 私はとくにグローバル化から生ずる矛盾に強い疑問をもっていたので,3年次に国際社会や国際開発について勉強できるゼミへ進みました。そのゼミで私は,先生や仲間と一緒にフィリピンの農村へ足を運び,マイクロファイナンスという貧困対策プログラムを調査したのです。フィリピンに行くまでに,ゼミでは何度もディスカッション行い,家でも語学,調査のための勉強に時間を費やすなど,準備は決して楽なものではありません。ですが,一人一人が積極的に準備に取り組み,互いに刺激を与え合ったゼミでの日々は,とても充実したものでした。
 世界,日本,そして身の回りにある「なぜ」という疑問を深く考えることができる場所,仲間が,社会環境論コースであなたを待っています。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2013』 より