教育科学論コース 学生の声2012

新たな“知”を探求しませんか

小島 倫世 さん(教育科学論コース4年生)

 いくつかの視点から多角的にとらえ,1つの立場に立って論じる。
 私は教育科学論コースに入り,幅広い視野から柔軟に物事をとらえることの魅力と大切さを学びました。教育科学論コースでは,“教育”を制度,歴史,哲学,科学など様々な側面から探求します。「教育とは何か」,「どうして勉強しなければならないのか」といった,これまで当たり前だと思ってきた事柄の本質を問い直し,自分が培ってきた経験や知識を活かしながら,新たな“知”へと挑戦する過程には,学び本来の醍醐味を感じることができます。また,少人数だからこそ実現できる仲間との活発な議論や先生を身近に感じる対話型の講義は,教育科学論コース最大の魅力です。教育に関する問いには,唯一の決まった答えはなく,スッキリしないこともしばしばですが,答えが決まっていないからこそおもしろく,やりがいを感じます。社会,他者,そして自分自身を見つめ,新たな“知”を探求しませんか。


案内パンフレット『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2013』 より