神戸大学発達科学部研究紀要 第7巻第3号 [2000年8月発行]

特集 第4回発達科学シンポジウム論文集
知のネットワーキング―その可能性とストラテジー―

番号 タイトル 著者 ページ
1 巻頭言 可能性の模索 野上智之 i
2 明瞭性と科学、芸術 ―知覚のしくみから学べること― マイケル・E・マッキンタイア 1
3 脳の世紀:その理論と論理 ―知覚・身体・世界 下條信輔 53
4 心理療法における空間について ―臨床的な知をめぐって― 吉田圭吾 75
5 演奏における自己表現と相互コミュニケーション 坂東肇 91
6 知のネットワーキングのメカニズムと知のネットワーキングの場としての発達科学部 蛯名邦禎 107
7 文化資本と内生的成長 西山賢一 125
8 内分泌攪乱物質問題 ―女性ホルモン様物質の動物への発生影響 井口泰泉 141
9 発達科学を求めて ―第4回発達科学シンポジウムをふまえた問題提起― 浅野慎一 155
10 人間発達とコミュニケーション 二宮厚美 187
付録 201