心理発達基礎論コース(心理発達論教育研究分野)の魅力

「心の科学」を体系的に追究し, 専門的な力量を深める

前期課程では,心理学の専門的知識・技術を持って,心の発達と様相をトータルに研究するための能力と円滑な人間関係をマネージメントできる実践力を養成します。そのために,心のはたらき,心のメカニズム,心の発達と形成,発達障害の理解と支援などにわたる,基本的かつ総合的なカリキュラムを用意しています。学生は,同じ人間発達論講座の臨床心理学コースの科目と併せて履修することにより,心の問題について,基礎的,原理的な理解の上に臨床的,実践的な理解を積み上げ,一層専門的な力量を深めることができます。就職先としては,自治体の心理職(心理判定員・心理相談員),法務関係の専門職(家庭裁判所調査官,鑑別技官),民間企業や自治体の一般職などが考えられます。

後期課程では,前期課程(臨床心理学コースを含む)での学習・研究を踏まえ,生涯にわたる心の発達について,さらに高度な専門的知識を深めると同時に,解明を求められている研究課題について,多面的・総合的な視点から研究し,成果をあげることのできる人材を養成します。また,修了後に大学などの教育研究機関で勤務することを想定し,教員としての教育力の育成を図ります。人間の生涯発達を理解する上で欠かせない人格形成の諸問題,発達心理学の諸問題,心理的適応と心の健康・病理や発達障害などの臨床的諸問題などの研究を通して,より高度な専門的教育・研究を行います。修了し,博士号を取得した後の就職先としては,大学をはじめとする研究機関の研究職等が考えられます。