学校教育論コースの魅力

小学校, 幼稚園および特別支援学校の教諭の免許を取得しよう

小学校や幼稚園,特別支援学校の教師を目指す人たちが,学校教育を通じた人間発達と人間形成に関して,理論的かつ実践的に学びます。

コースの所定の科目を履修することにより,小学校教諭,幼稚園教諭および特別支援学校教諭の資格を取得することができます。そのために,コースに所属する学生にはまず,人間,文化,社会,自然のさまざまな事象について幅広く学ぶことを求めます。それらに関する広い関心と教養が,優れた学校教育実践の基礎として不可欠だからです。その上で,このコースでは,適切な学習環境づくりと発達支援のための子ども理解の方法,各教科をはじめ,道徳,総合的な学習などの指導法,さらには学校教育の歴史,制度など,教師として必要な専門的知識,技能についての学習を行います。それらの学習の成果を,実践的場面で,つまり実際の子どもを前にして試す場が教育実習です。教育実習を通して,教職の意義への理解と教育への情熱はいっそう深まることでしょう。以上の学びの集大成としての卒業研究は,「子ども発達論」か「教育科学論」のいずれかのコースの教員のゼミに所属してまとめます。子どもの発達や学校教育に関する多様な課題領域の中から「自分ならでは」のテーマを選択し,1年以上をかけて追究していきます。