学術Weeks

学術Weeksについて

学術Weeksは,2008年より大学院GP(正課外活動の充実による大学院教育の実質化)を契機とし,本研究科の国際交流推進の一環として実施されてきました。

2017年度も,これまでの基本方針を継承し,以下の目的のために学術Weeksを開催いたします。

  • 国内外の学術交流活動を通して,大学院生・学部学生の視野を広げ,研究会の企画・運営・発表などの技能習得に資する
  • 多様な研究領域を擁する本研究科の特色を生かし,教員・大学院生・学部学生をまじえた領域横断的な学術交流の場を提供する

学術Weeks カレンダー

主な予定(月)


学術Weeks 2017 企画一覧

学術Weeks2017 企画 開催日 担当教員
第2回 ESD実践研究集会 2017年9月23日(土)
9月24日(日)
松岡 広路(人間発達専攻)
17世紀後半のウィーンイエズス会ドラマ「Mullier Fortis 気丈な婦人・細川ガラシャ」の起源 −その音楽と歴史的背景 2017年10月10日(火) 大田 美佐子(人間発達専攻)
「同年齢」保育・教育をちょっと疑ってみる:異年齢保育・教育&多世代交流の可能性 2017年10月13日(金) 赤木 和重(人間発達専攻)
アリを食べてみる:環境教育・ESD・子どもの発達を問いなおす 2017年10月27日(金) 清野 未恵子(人間発達専攻)
高校生・私の科学研究発表会 ~理科研究!発表したい人集まれ!~ 2017年11月23日(木・祝) 伊藤 真之(人間環境学専攻)
崩壊するアメリカの公教育:ニューヨーク・貧困地区の公立学校の現場から TBA 赤木 和重(人間発達専攻)
国際シンポジウム「痛みの表現と当事者研究」(Expression of Pain and Self-directed Studies ) 2017年11月21日(金) 稲原 美苗(人間発達専攻)
動植物を取り巻く環境変化と共生(Environment change and adaptation around animal and plants) 2017年11月10日(金) 近江戸 伸子(人間環境学専攻)
実践交流会、オーストラリアと日本の保育施設見学フィールドワークと意見交換会 TBA 北野 幸子(人間発達専攻)
日本と韓国の初等教育の事情 TBA 國土 将平奥山和子(人間発達専攻)
Toward Co-existence of Human and the Environment in Urban area TBA 佐藤 真行(人間環境学専攻)
関典子×竹谷嘉人 dance×paint workshop[ ピ ク。 ] 2017年12月22日(金) 関 典子(人間発達専攻)
アレクサンダー・テクニークの実践と研究 バジル・クリッツァー氏を招いて TBA 谷 正人(人間発達専攻)
神戸仁川芸術交流プロジェクト TBA 塚脇 淳(人間発達専攻)
障害学生の「学び」から見るインクルーシヴな大学教育の意義と課題 2017年12月23日(土) 津田 英二(人間発達専攻)
音楽教育シンポジウム 音楽は、競い合うもの?分かち合うもの? TBA 坂東 肇(人間発達専攻)
神戸大学発達科学部タイムスリップコンサート~躍動する生命のリズム TBA 坂東 肇(人間発達専攻)
環境を守る物語の力:東北タイの伝承と開発 2017年10月13日(金) 古川 文美子(人間環境学専攻)
脳神経科学と心理療法の対話 2017年12月1日(金) 山根 隆宏(人間発達専攻)
子どもの心の声を聞く~様々な表現活動から~ TBA 渡部 昭男川地 亜弥子(人間発達専攻)
学術講演会:「共生教育」を考える 2―「加害者教育」の視点から考える TBA 渡部 昭男(人間発達専攻)
韓国 済州大学との国際交流プログラム 2017年11月24日(金) 國土 将平 (人間発達専攻)

企画募集について

過去の学術Weeks